一般社団法人シニア身元保証協会

スタッフ一覧


  • いむた しげみつ

    代表理事
    成年後見人ガイド検定資格認定

    詳細を見る
  • 村田 文
    むらた あや

    村田 文

    理事
    社会保険労務士

    詳細を見る
  • 野田 昭人
    のだ あきと

    野田 昭人

    理事
    元)医療介護経営マネジメント研究所 所長

    詳細を見る
  • 佐藤 良子
    さとう りょうこ

    佐藤 良子

    福岡
    市民後見人養成研修修了 民生員

    詳細を見る
  • 北山 哲也
    きたやま てつや

    北山 哲也

    23区城西地区
    相続診断士

    詳細を見る
  • 小沼 信次
    おぬま しんじ

    小沼 信次

    福島事業所
    NPO法人 福島県市民生活支援センター 代表理事

    詳細を見る
  • 安達 貴則
    あだち たかのり

    安達 貴則

    大阪
    きずな鍼灸治療院 代表

    詳細を見る
  • 小野 直美
    おの なおみ

    小野 直美

    23区城東地区
    ホームヘルパー2級

    詳細を見る
  • 小西 正行
    こにし まさゆき

    小西 正行

    23区外
    障がい者支援

    詳細を見る
  • 島田 浩瑞
    しまだ ひろみつ

    島田 浩瑞

    施設長兼計画作成担当ケアマネージャー

    詳細を見る

いむた しげみつ

顔写真

戦後奇跡の経済復興を遂げた日本、この礎を作ったのは今の高齢者である。
日本が1945年の終戦から、戦後の焼け野原から「たった20年」で世界第2位の経済大国になった「技術力が高く、優れた人材がいたからである。絶対に偶然ではない」
戦後の復興を支えた大きな要素はこの人材、今の高齢者だといえる。
しかし、2025年には、この世代は後期高齢者(75歳以上)になります。後期高齢者になると、介護を必要とする人が劇的に増加します。このとき、団塊の世代は、人生ではじめて、大きな驚きに遭遇することが予測されます。
「入院や手術が必要だけれど付き添いや保証人がいない」「独居で認知症になったり、怪我をして動けなくなったりしたらどうしよう」 ご家族に代わり「シニア身元保証協会」が人生の終焉を承ります。


村田 文むらた あや

顔写真

主にサービスを受けられるお客様からのお問い合わせ窓口業務と、当協会の会員の皆様に関する事務管理を担っております。また、行政官庁への申請手続き等も私の業務の一つです。
~当協会へお問い合わせ頂くお客様へ~

資料やパンフレットではしっかりお伝え出来ない部分を、私が丁寧にお答えいたしますので、まずはお客様のお知りになりたいことやご要望等をお気軽にお電話くださいね!





野田 昭人のだ あきと

顔写真













佐藤 良子さとう りょうこ

サンプルメージ













北山 哲也きたやま てつや

サンプルメージ

私たち「非営利型一般社団法人シニア身元保証協会」の設立の強い想いは『すべての高齢者の子であれ、兄弟姉妹であれ』という真心で助け合う気持ちの実践です。
今や「少子・高齢化社会」を象徴する現象として「独居老人」すなわち「ひとり暮らしのお年寄り」に関する問題が我が国の重要かつ緊急の課題となってきております。
何らかの理由によって独居を選択せざるを得ない高齢者は今後も間違いなく増え続けることは間違いありません。
しかし、多くの「独居老人」は仕方なく一人暮らしに追い込まれている、というのが実情なのです。65歳以上の高齢者の1割以上が独居世帯という現実は、詐欺犯罪や孤独死などに象徴される社会問題となっています。これは今後さらに深刻かつ大きな日本の課題となっていくことは確実、いや現実なのです。
誰にも看取られることなく息を引き取っていく独居老人の悲劇は、明日の自分自身の姿である、ということを私たち日本人は強く意識する必要があるのです。ひとり暮らしのお年寄りの多くが非業の死を遂げるような社会を、我々の努力で無くしていくことが最も重要な課題と言えます。
◆日常生活の支援(買物、病院への付添、病気・ケガなどの緊急支援、等)
◆入院・転院、施設への入居、賃貸住宅へのご入居の際の諸手続き代行、身元保証
◆葬儀の手配から納骨までの諸手続きの代行、遺品の整理
これらのお手伝いを柱に、様々な高齢者のお困りごとに真心をもって支えとなる、それが私たち「非営利型一般社団法人シニア身元保証協会」なのです。

小沼 信次おぬま しんじ

サンプルメージ

この度は当法人のWEBサイトをご覧いただき、誠にありがとうございます。代表の小沼信次と申します。「特定非営利活動法人福島県市民生活支援センター」では、施設の入居、高齢者住宅入居の際の身元保証支援にておいて万全な体制を整えております。

身元保証支援、葬送支援、財産管理支援、生活支援等各種支援をさせていただきます。

皆様がより安心して生活を送れるように、福島県内での「生活に関するお悩み解決」に「福島県市民生活支援センター」にお任せ下さい。スタッフ一同、皆様の多様なご要望にも応えるべく、誠心誠意対応させていただきます。

皆様、お気軽にご相談くださいませ。お待ちしております。
代表理事 小沼信次

安達 貴則あだち たかのり

サンプルメージ

現在、超高齢化社会を迎え一人暮らしの高齢者が増え続けています。身寄りのない高齢者が直面する現代社会の壁が多く、生活に支障が多く出ています。
私たちシニア身元保証人協会は福祉的配慮に基づき生前から終焉までサポートさせて頂きます。私たちは利用者と手をたずさえ一緒に歩むことが幸せと思っています。
地域の皆様方と協力しあいながら最高のサービスを提供する「日本一」の身元保証人会社を目指します。





小野 直美おの なおみ

サンプルメージ

昨今では、おひとりさま、親族に迷惑をかけたくない、等のご高齢者が増えております。
孤独死が年々増加し、問題となっていますが、当協会は何かあった時のために安心して生活していただけるための各種サービスをご用意しております。
これからのシニアライフをお元気にいきいきと過ごされることを願い、親身になってサポートさせていただきます。






小西 正行こにし まさゆき

サンプルメージ

大病を経験した 今だからこそ言える事
私は、8年前の平成 22 年4月 に突然の麻痺に襲われました。
10 万人に1人から2人の割合で発 症する「ギランバレー症候群」という末梢神経が壊される難病です。
症状が重く手足に麻痺が残り、車椅子での生活を余儀なくされるようになりました。
自分が不自由な身体になって初めて、お年寄りや身体に障がいのある方の立場や気持ちが良く理解でき、「死」という事も身近に意識するようになりました。そんな自分に向きあう事になって今までやってきた事に足りない部分がある事に気付いたのです。
それは、「楽しみ」と万が一の時の「備え」 です。
身体に障がいのある方やご高齢の方でも、楽しんで人生を送れるようなきっかけや居場所を 提供できないか、誰でも安心できる備えの仕組みを提供できないかと思索を重ねました。心豊かな暮らしを楽しむためより前向きで、健やかにより良い人生を送れますよう、お手伝いをしていく所存です。

島田 浩瑞しまだ ひろみつ

サンプルメージ













お問い合わせ

下記よりお気軽にお問い合わせください。

ページトップへ戻る