一般社団法人シニア身元保証協会

当協会について

シニア身元保証協会代表理事挨拶

当協会は、47都道府県全てに事業所を設置することで「適正な身元引受保証業務」に準じる業務を適用し、その普及とサービス品質の向上に努めることを目的として、会員の募集活動を行っております。
誰もが安心して利用できる「身元保証・身元引受」という新しい人生の終焉生活スタイルに関わる知識と情報の共有、教育を当協会内で行い、「身元保証・身元引受」に関わる総合相談窓口として、お客さまにご利用頂きたいと考えております。

目的と理念

当法人は、高齢者、その他支援を求める者に対して、福祉的配慮に基づいた支援を行うことにより、高齢者等の権利の擁護及び福祉の増進に寄与することを目的としています。
最後まで自分らしく生き、自己責任で死の準備をする人生の終活・終焉です。「任意後見契約に関する法律」が施行されたことにより、「生前事務」「任意後見」「死後事務」の3つの契約によって、元気でいるときに「認知症になったとき」、「死を迎えたとき」までを一貫して支援できるようになりました。価値観の多様化に対応し、いつでも、どこでも、誰もが安心して利用できる「身元引受保証」という新しい人生の終焉生活スタイルを提案します。

活動内容

身元保証・身元引受

介護施設老人ホームや賃貸住宅の入居保証、病院等の入院・手術の付添いや身元保証・身元引受致します。

日常生活支援まもる【在宅見守り】

身元保証人により定期的に電話したり、お会いしたりする形で見守り させていただきます。
様々なご相談にも乗らせていただきます。

そなえ【任意後見契約】

認知症などで正常な判断ができなくなったときのサポート(任意後見契約・法定後見人の受託)

死後事務委任契約

死後に発生する様々な仕事や事務処理の引受(葬儀の主宰や家族への支援を含む)

身元保証資格認定養成研修

高齢者等の悩みごとに関する総合的支援をする人材の育成及び資格の認定・付与並びに出版に関する事業

合葬墓「忠恕の碑」設立の会

合葬墓「忠恕の碑」設立の会

様々な事情でお墓の維持に困っている人、入る墓のない人に「家族」「血縁」「宗教」「国籍」などの垣根を超え、自らの意思で「終のすみか」を決めておき、死後納骨できる合葬墓「忠恕の碑」の設立を準備しております。

生前から「死後のすみか」を同じくする人々の仲間づくりをしています。

忠は「まごころを持って人と接すること」であり、恕は「広い気持ちで人を受け入れる」ことだと理解しています。

お問い合わせ

下記よりお気軽にお問い合わせください。

ページトップへ戻る